最近何かと話題のテレワークですが、日本と海外においてはテレワークにて働く際の働き方が実は大きく異なっています。まず、アメリカの他欧州などにおけるテレワークは短時間、または短期間において従業員を雇い入れるという手法を取れることから採用された働き方でアメリカにおいてはインターネットが普及した当時から10年もの歳月をかけて利用された技術として定着しました。ヨーロッパにおいても同様にネット回線が高速化するとともに普及した働き方の一つとして定着しました。 海外のテレワークは、日本のテレワークと異なる点としては、企業で働く従業員たちがテレワークのネットワークに参加して仕事をするのではなく、一般の方でも企業のお仕事に応募して仕事をすることが可能なシステムとして機能していたのです。その為、従業員よりも優秀な人がお仕事を担当すれば企業にとってプラスとなるという利点があったのです。 日本のテレワークにおいては、現状から見れば今の所、企業で働く従業員たちがネットワークを通じて仕事をするということになっています。この手法も一つの手段で、自宅から本来会社で行う業務を代行して行うことで会社を回すことが出来るという仕組み上、どうしても会社に行くことが出来ない状況下において仕事をするということに関して適している手段であると言えます。日本では、テレワークにてお仕事を行うことが出来る業種と言うものは現在ITなどのお仕事が主ですが、今後IT業以外の業種においてテレワークは適応されていく可能性が高いです。 その理由ですが、プログラマーや翻訳家、専門職においては現在ココナラのようなサイトにてお仕事を応募しお仕事を貰うことでネットワーク上でお仕事をすることが可能であるからです。クライアントとコントラクターの2者がネットワークを通じやり取りをすることで成立するお仕事であればテレワークとして成立し、ネットワークシステムを整備すれば、テレワークに参加する人物たちを増やすことも容易であるため、テレワークにて仕事を仲介する場所を作成することも理論上可能であるからです。 場所を選ばず、柔軟に働く場所を決めずに働くことが出来るという性質がテレワークの本質であるため、テクノロジーが進化すればするほど、参加できる業種も増え、最終的には医師が行う診察と言うものも完全にテレワークにて遠隔地から患者となる人物の診察を完全に行えるようになるなど、日本においては、技術さえ進歩し続ければ今後もテレワークを導入できる仕事が増えるというのが結論です。